記録に関する研修について

研修会資料ははこちらからダウンロードお願いします。(送信されたパスワードが必要です。)

Adobe Acrobat Readerの最新のバージョンは、開発元のアドビシステムズ社のWebページにて、無償でダウンロード配布されています。

ダウンロードページについては、以下の情報を参照してください。
外部サイトアドビシステムズ社 – Adobe Acrobat Reader DC

研修当日ご用意いただきたいこと
1 ふだんの支援経過記録のなかで、「比較的良く書けていると思われる一場面」をお手元にご用意下さい。
できれば要約体ではなく、叙述体で書かれている場面が望ましいです。
余裕がありましたら、添付のWordファイル「F-SOAIPワークシート【初回・導入・OJT版】」の上側にある①の欄に書き写すか、貼り付けておいていただくと作業がしやすくなります。
2 マーカーペンを5色分ご用意下さい。ボールペンやサインペンでも構いません。
色は、できれば「赤、ピンク(又はオレンジか黄色)、青、紫、緑」の5色が望ましいですが、他の色でも大丈夫です。

ご注意
* 研修途中で、受講確認を行うことがあります。(確認が取れない場合、未受講扱いとなりますのでご注意ください。)
* 研修中は音声(マイク)をOFF(ミュート)、カメラはONにしてください。
* 研修の録音・録画、資料の転載は一切禁止いたします。

※最近の研修会で真に残念ながら、受講申し込み者以外のZoomでの受講(カメラに映らない様にしつつ資料をコピーしての受講、他人名義での受講)等が確認されています。

上記の件に関しましては確認ができた場合はご連絡をさせていただいておりますが、悪質な場合の対応について現在協議しております。

なお、主任介護支援専門員の方で他人名義での受講(代理受講等)にて終了証等が発行され、それを更新研修の為に使用(健康福祉協会に提出)した場合には栃木県とも協議し、厳正に対処させていただきますので申し添えさせていただきます。